ユニフォームの取扱い方
Home

毎日身に付けるユニフォームは、きれいなまま長持ちさせたいもの。基本的に丈夫に作られていますが、洗濯などの取り扱いんい注意すれば、より長くきれいなまま着用していただけます。

素材洗い方乾燥最後に
素材
綿とポリエステルの性質の違い
綿は肌ざわり、吸湿性ともに優れた素材ですが、洗濯時に縮みやすく、色落ちしやすいので注意が必要です。一方、ポリエステルは丈夫で、乾きが早く、綿に比べて洗濯に強い素材。ユニフォームに最適ですが、油汚れが落ちにくく、油で汚れたものと一緒に洗うと、その汚れを吸収してしまいます。
白物と色物は分け洗い
色移りすることがあるため、白物と色物は分けて洗いましょう。
汚れに応じて分け洗い
汚れが移ることがあるので、汚れのひどいものとそうでないものとは分けて洗いましょう。